「The Best Team」より

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏著「世界最高のチーム グーグル流最小人数で最大の成果を生み出す方法」を読んだ。その中に世界共通の変化について書かれている箇所がある。詳細は以下の通り。ビジネスの現場を対象にしているが、それを教育現場と置き換えてみると、非常に示唆的な内容になることに気が付いた。また今後このような大きな変化を想定して、次世代を生き抜く若者を育てるために、今の教育をどうすべきかをもっと真剣に議論し、現場に落とし込んでいく必要があると感じた。(以下抜粋)
①モノ作りの世界から、仕組みづくりの世界へ
モノがいかに使われるか、いかにネットとつながるか、いかにシェアされるのかといった仕組み(プラットフォーム)を考えなければなりません。
②強欲な会社から、社会貢献の会社へ
成長しているのは主に「社会貢献」で動いている利他主義の会社(グーグル、メルカリ、ウーバー等)ベンチャーの方が社会貢献をベースにした利用者のコミュニティを新たに作れる。
③仕事の進め方はクローズドからオープンへ
いまの会社はオープン、産官学を問わない社外のパートナーやフリーランス、地域・社会活動をしている人たちなどとも一緒に動いていくという、開かれた協業主義の仕事の進め方になっています。
④管理の仕方はKPIからOKRへ
トップダウンでKPI(Key Performance Indicators 重要業績評価指標)を決めるのではなく、トップが示した大きなビジョンに向かって、個人が自発的にそれぞれのゴール設定をしていくOKR(Objective and Key Result 目標と主な結果)に変わっています。
⑤ピラミッド型の組織からツリー型の組織へ
ピラミッド型は、文字とおりお墓であって、上からの圧迫が強くて下が死んでいる無機物的な組織。草原に立つ枝葉の茂った樹木のような組織、オープンで外の業界とつながっているオーガニック(有機物的)なツリー型の組織でなければこれからは成長できません。
⑥計画主義から学習主義へ
ビジネスのスピードがどんどん速くなっている中で、これまでのような「計画を決めてから動く」は通用しない。1年後、2年後ではなくて、いまは猛スピードで走りながら考えて、走りながら変えていくという「学習主義」でなければ成果を上げられない時代。
⑦プレイングマネジャーからポートフォリオマネジャーへ
社内に限らず、社外の人材いや組織、テクノロジーといったあらゆるリソース(資源)を活用して、いかに問題を解決していくか、いかに価値をつくっていくかという「ポートフォリオ」(最適な組み合わせ)を考えることがマネジャーに必須の役割
⑧従業員への接し方は鵜匠方から羊飼い型へ
それぞれの従業員の自由度を高める羊飼いのような管理の仕方が求められている。個人個人が働きやすく、本人のやりたいことができるように、それぞれが最大のパフォーマンスを発揮できるような「場づくり」が大事になってきています。

様々な問題解決のために、チームで取り組むことの有効性、または効果を上げるためにはチームとしてどのように機能すべきかヒントを与えてくれる良書だと思う。ビジネス界と教育界とでは、求められるもの・追求すべきものが異なるものの、変化の激しい社会への対応力は養っておかねばならない。柔軟な思考や発想の転換などの訓練をしておく必要がありそうだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中